賃貸物件を退去する際に、一番トラブルになるものが原状回復にかかる費用です。最近の判例の動向や、民法改正などの流れでは、経年劣化によるものや、通常使用したことによって生じたキズや汚れなどの損耗は、月々支払う家賃に含まれるとして大家の負担となります。一方で、入居者の故意、過失によって生じた損耗は入居者の負担となります。このことは、国土交通省が作成したガイドラインにも記載されています。しかし、明確に判断できる場合だけではないことや、入居者が素人であることをいいことに、大家負担の箇所を入居者負担として請求してくる大家もいますし、必要以上に高額な費用を請求してくることもありますので注意が必要です。ここでは、入居者の方が損をしないためにも正しい知識をつけるための情報を提供します。

退去時の原状回復費用の実態について

前述したとおり、経年劣化や通常使用によって生じたキズや汚れなどの損耗については、大家の負担となり、入居者の故意や過失で生じた損耗については入居者負担となります。例えば、日焼けによってクロスやフローリングが色あせてしまった場合には大家の負担となりますし、入居者が長年にわたり掃除をしなかった結果フローリングが汚れてしまった場合や、誤って壁を破ってしまったような場合には入居者が負担することになります。しかし、実際には、入居者に知識がないところにつけ込んで、高額な費用を請求されるというトラブルが後を絶たず、中には訴訟に発展することもあります。自分の身は自分で守りたいところですが、そこは相手もプロですので、個人の力で対抗するのはどうしても無理が生じます。

原状回復費用をコストダウンさせるために

そこで、原状回復費用のコストダウンを専門とする業者に交渉を依頼してはいかがでしょうか。大家が査定してきた金額を一項目ずつチェックして、独自の査定金額を提示し、これまでに何件ものコストダウンを成立させてきた専門業者がいます。工事にかかる費用はどうしても専門的な面があるため、素人ではなかなか判断することはできません。そこで、プロである専門業者の力を借りて、大家との交渉もお願いしましょう。費用は、完全成功報酬で、コストダウン額の何パーセントというところもありますので、万が一金額が下がらなかった場合も安心です。業者に依頼した結果、テナントなどでは数百万円も金額が削減されたという事例もありますので、少しでも気持ちよく退去するためにも是非専門家の力を借りてはいかがでしょうか。